自己紹介

「二ヶ領散歩道」のタイトルは川崎にある二ヶ領用水にちなんで付けました。

<二ヶ領用水>
1590(天正18)年に多摩川が大洪水を起こして流路を変えたことから、新たに農業用水を引き、
水田を開発するために造られました。完成したのは測量開始から14年後の1611(慶長16)年です。
川崎領と稲毛領の「二」つの「領」にまたがって流れたことに由来します。
二ヶ領用水は多摩川に2カ所の堰を設けて取水しました。ひとつは上河原堰、もうひとつは宿河原堰です。
この二つの堰で取り入れた用水路は、JR南武線久地駅近くで合流し、
今の川崎市域のほぼ全域に枝分かれして流れました。幹線水路の全長は約32kmといわれましたが、
現在は平間浄水場の横までしか残っていません。

二ヶ領用水

二ヶ領用水

発祥地巡り

ハンドルネーム
■しげっち
出身
■熊本県出身 1950年生まれ
職歴
川崎の臨海部にある某総合化学会社に
42年間勤める。
職種は化学プラントの保守部門に従事。
定年後再雇用で2年間勤務。
現在はIT企業を経て某Mメーカーに勤務。
住所
■神奈川県横浜市

子供は二人、孫二人。
現在は妻と二人暮らし。
趣味
■カメラ散策
歩くことを心がけ、時間を見つけてはカメラ散策に
出かけています。もっともHP更新のために撮影し
に行くというのが本音のところでしょうか・・。

■ハイキング
20名ほどの仲間と県内の多摩丘陵を中心に山野
草を観賞しながらのハイキングを月2回ペースで行
っています。遅く集合、早く解散。主婦の多い会
ならではで和気あいあいとした楽しい集まりです。

■横浜発祥地巡り
15年ほど前、横浜へ散策に出掛けたおり見かけ
た発祥地の記念碑に興味を持ち、気が付けばほと
んど訪れてました。
いつしか案内を頼まれるようになり引率していま
す。同時に横浜には歴史的建造物や遺構もたくさ
ん残っていますので、そちらも併せて訪れていま
す。
                          1964年東京オリンピック聖火リレー参加    
                          NHK「中高年のためのらくらくパソコン塾」資料に

2016/12月 更新